それぞれの特徴をよく比較しておく

部屋

最近は、マンションも単なるマンションではなくデザイン性を重視したデザイナーズマンションと呼ばれるものが増えてきています。大阪などにも、きぐ駅の近くなどには多くのデザイナーズマンションができているのが特徴です。これらのマンションは、外観がほかのマンションよりも特徴的かあるいは室内が非常に特徴的な造りになっています。そのため、実際に自分が選ぶ場合にも 1か所だけでなくいくつかのマンションを見てみると良いでしょう。例えば、入り口付近を通り抜けると、60平米ぐらいの広さなのに一部屋しかないようなところもあります。また、場所によっては全面ガラス張りのようなところもありプライベートを気にする人にとっては住みにくいところもあるかもしれません。ですが、人によってはオープンで広々としているためそのような場所を好む人もいるはずです。

不動産会社で借りる時の仕組み

部屋

デザイナーズマンションを大阪で借りる場合、不動産会社から借りるのが一般的になります。不動産会社には、たくさんの物件がありますがデザイナーズマンションのオーナーも不動産会社と提携し入居者を募集しているのが普通になります。通常のマンションと同じように、敷金や礼金を必要とするところが多いですが、最近はペットを購入してよいところも増えてきていますので敷金が通常の2倍ぐらい高くなることも少なくありません。敷金を高くすることにより、マンションを退去する時に支払う原状回復費用を少しでも少なくしようとする考え方です。オーナーとしては、可能なかぎり先に敷金をもらっておき、その金額から原状回復費用を支払うことになります。その方が、確実に原状回復をすることができるでしょう。2年以上住む場合には更新費用なども発生しますので、事前に確認しておくとよいです。ただ例外的に、マンションによっては更新費用が発生しないこともあるでしょう。

管理会社が管理してくれるサービス

部屋

大阪のデザイナーズマンションは、基本的にオーナーが管理していますが、マンションのそのものの掃除などはオーナーが行うわけではありません。たいていの場合は、そのオーナーと提携している管理会社の方で管理してくれます。そのため、毎週特定の曜日に来る清掃係の人や、いつも入り口付近にいる守衛さん自体は管理会社の方から派遣されていることになります。もし、何か問題点などがある場合はその人たちにいうよりも、直接管理会社の方に伝えたほうがよいこともあります。例えば、給湯器などの備品が壊れた場合などは直接管理会社に電話をしましょう。ただ、現場にいる清掃係の人や守衛さんに伝えたほうがよい内容のものもありますので、その場合は臨機応変に対応しましょう。